旅行と鉄道好きな父さんのブログ

旅と鉄道をメインにたまに子育て父さんの奮闘を書きます。

津軽海峡を眺めながらの入浴が最高!!<北斗星ツアーNo.1>

こんにちは(*^-^*)

今回から北斗星で行くor帰る北海道旅の模様を書いていきたいと思います。

とはいえ、写真がめちゃ少ないのでちゃんと伝わるか💦

 

北斗星はきっぷがとりにくいことで有名です。きっぷが取れた日付が出発日、または到着日となるように日程を組みます。

お恥ずかしいのですが、すけさんは飛行機が苦手でありまして…札幌から自宅の最寄り駅まで、列車のみで帰ったことがあるくらいなのです(-_-;)なので、北海道といえども往復鉄道利用となります💦

 北海道上陸!

 

f:id:budoutorinngo:20190330235030j:plain

今回は復路が北斗星利用の旅の紹介です。

写真はお子さまに大人気のE5系はやぶさです。すけさんもこのE5系の形と美しグリーンの車体がかっこいいなぁ、とお気に入りの車両です。

新青森駅で撮った写真ですが、当時はここから在来線特急「白鳥」「スーパー白鳥」に乗り換えて函館に向かっていました。ここから函館までは2時間程かかります。

 

f:id:budoutorinngo:20190331001231j:plain

函館に到着!!北海道に上陸だぜ~

駅前のお花がとてもきれいです。8月下旬に訪れましたが、カラッとしたさわやかな気候でした。さすが北海道です。

函館からレンタカーを借りて最終的に札幌に到着する行程としました。

函館に到着したのが、13時前で駅前の朝市前にある食堂で昼食をとりました(写真なしなのでスルー)。

昼食後ホテルに直行します。

 

湯の川温泉湯の浜ホテル東海亭に宿泊

 

本日お世話になるのは、湯の川温泉にある湯の浜ホテルさんです。

奮発して展望風呂付客室の東海亭という別館に宿泊しました。

2、3年くらい前に1度利用していたのですが、また泊まりたいねっということでお世話になりました。

仲居さんが部屋まで案内してくれたのですが、その仲居さんが我々のことを覚えていたのが嬉しかったですね(*^-^*)そうゆうのって嬉しくありません??お宿の評価が上がるポイントになりますよね。

 

f:id:budoutorinngo:20190331003022j:plain

東海亭の和室のお部屋には写真のような展望風呂があります。もちろん源泉100%の温泉を楽しめます源泉が熱いので、窓を開けて温度を下げてから入浴するのがおすすめです。窓の外には津軽海峡が広がります。プライベートな空間が約束されているので、ファミリーやカップルには特におすすめです!

f:id:budoutorinngo:20190331001638j:plain

お食事は、磯めという専用の食事処でいただきます。

こちらも津軽海峡を眺められるので、良い景色を見ながら食事をいただくことができます。(料理の写真がないのでスルーしますが、とてもおいしいですよ😊

【アクセス】

🚌函館駅からだと路線バスで行くと所要時間も短く、停留所からも近くて便利かと思います。

🚋市電の湯の川温泉電停からだと10分程歩きます。小さなお子さま連れの場合はちょっと大変かもしれません。

函館空港からだと路線バスで10分程で到着すると思います。

【駐車場】

50台(無料)

 

というわけで、今日はすけさんのお気に入りのホテルの湯の浜ホテルさんの紹介を中心にさせていただきました。

次回は2日目の様子を紹介したいと思いますのでよろしくお願いします(*^-^*)

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。