旅行と鉄道好きな父さんのブログ

旅と鉄道をメインにたまに子育て父さんの奮闘を書きます。

地元食材が何でも揃う八食センターに行こう!ゴールデンウィーク、夏の旅行のおすすめスポット紹介

こんにちは(*^-^*)

これから迎えるゴールデンウィーク、夏休みに向けておすすめの観光スポットの紹介をしていきたいと思います。

 

今回は青森県八戸市の八食センターを紹介します。

海あり県に行ったらやっぱり新鮮な魚介類が食べたいですよね!!

そんなあなたにおすすめなのはここです。

 

  

1.八食センターってどんなところ? 

 新鮮な魚介類はもちろん、乾物、お菓子、果物、お肉、酒類まで地元の新鮮な食材がそろいます。飲食店もあり、海鮮丼やラーメンなどが食べられます。

2階には小さい子供が遊べる広場やゲームセンターがあります。

f:id:budoutorinngo:20190409230742j:plain

息子くんが車の乗り物で遊んでいますが、その間パパさんは(すけさん)飲食店の列に並んでいました💦

 

2.おすすめのお店

 

八食センターに行ったら、七厘村というお店がおすすめです!

八食センター内で購入した魚介類やお肉を持ち込んで、七厘村の店内にある自分の席(七厘)で焼いて食べれます😊

まず、受付をします。その後市場内で焼く食材を買い出しに行きます。

 

私が行った時は、魚介類を購入しました。この時は着席まで約60分待ちでした。

f:id:budoutorinngo:20190409223505j:plain

ホタテやえび、いかなどの魚介類を焼いて食べました。

f:id:budoutorinngo:20190409231510j:plain

ホタテに醤油をたらして焼いてみました😊貝類などはよく火を通したほうがいいですね。ホタテは青森県産のものを食べましたが、何とも言えないくらいに美味しかったです。これはぜひ食べていただきたいです!!

このようなかんじで、バーベキュー感覚で楽しめます。

f:id:budoutorinngo:20190409231856j:plain

あと、ウニもいただきました。とろけるような食感で、雪のように舌でとけてしまいました。身近にある「苦いウニ」を想像してしまいますが、市場のウニは甘みがあり口の中でとけるようなかんじでとてもおいしいですよ😊

 

受付時間は9時~17時までで、休業日は水曜日です。

利用料金は大人350円、小学生100円、幼児は無料で2時間まで利用ができます。

上記の料金プラス食材費がかかります。

 

3.営業時間

 

八食センターの営業時間は日によって変わるようなので、公式のホームページをご覧ください。

休業日は基本平日の水曜のようです。もし旅行の予定に八食センターを検討する際は、注意してください。

 

4.アクセス

 

🚅電車の場合

東北新幹線、青い森鉄道八戸駅東口4番のりばから八食センター行(100円バス)

🚙車の場合

八戸自動車道 八戸北ICより10分

 

交通の便はとても良いです。八戸駅からレンタカーを借りて、八食センターでお昼を食べてから奥入瀬渓流に行くのもおすすめです!😊特にR454経由で行く場合は、道中に飲食店がほとんどありませんので注意してください。

 

青森県の観光は夏がベストシーズンなのかなと思います。これからの旅行シーズンの参考にしていただけたら幸いです。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。