旅行と鉄道好きな父さんのブログ

旅と鉄道をメインにたまに子育て父さんの奮闘を書きます。

出雲大社に行くなら絶対に食べてほしい‼️そば処きずきの出雲そば

こんにちは😃

今日のお昼時にふと、出雲に行った時に食べた出雲そばが美味しかったなぁ☺️なんて思いながら仕事をしていました😅

ちょっと気が早いけど、夏休みにどこに行こうかなんて考えちゃいました😅

今日は美味しかった出雲そばを思い出しながら記事を書いていきます🙆あぁ、先に言っておきますが、ここのお店のおそばは美味しすぎるので、ほっぺたが落ちます😆ほっぺたが落ちても責任はとりませんからね😅

 

ちょうどお昼が食べたいなぁと思い立ち寄ったのが、そば処きずきさんです。連休ということもあり、1時間程待たなくてはいけないとのこと…しかも、そばが無くなったら並んでいても食べられないとのことでしたが、その日は暑かったので麺類が食べたいと思い並びました。

店の方が、休みなくそばを打っていましたが、次から次へと注文が入りひやひやしながら待つこと約1時間。ようやく店内に入り、メニューを見ます。f:id:budoutorinngo:20190415230906j:plain

メニューの価格表示を見てください‼️円が縁になってるの気がつきましたか?縁なんていうお金持ってないよ~出雲の通貨に両替してこなきゃ‼️なんて言うのは冗談で、出雲大社は縁結びで知られてますよね⁉️だから縁にかけてるんですね😃洒落てて面白いですね‼️

メニューには、出雲そばとのやきのみ。これってかなり期待できるフラグが発動してます😆そばに自信ありってことだもんね‼️あと、のやきって何って思い注文したのがこれ↓f:id:budoutorinngo:20190415231342j:plain

見た目はちくわですね😅ここら辺ではちくわのことを、のやきと呼んでるのかなと思いました😅調べてみるとこれは、あご野焼きというものだそうです。あごとは、山陰地方では飛魚のことを指して、それを原料に作られているとか。

普通のちくわと比べたら、食感はやや硬めかなと。味はちくわに似た感じでしたので、普通にちくわだよって言われたら、あぁちくわだねで終わりそうです😅

そもそも野焼きって感じで書くと、田んぼとかで草を燃やしている野焼きを連想しますが、実際に煙と熱気を避けて外で焼いたことに由来しているようです。

 

肝心のそばですが、たくさんの方に提供したいとのことで、5段盛りは注文できませんでした😢が、4段盛りがいよいよ目の前に‼️f:id:budoutorinngo:20190415232112j:plain

今思ったんですが、息子くんの分と言って注文すればよかったなぁと…

割子そばで色々な薬味で味わいます。

一口食べた瞬間、やべぇめちゃうまい‼️これが素直な感想です☺一人で二人前くらいならペロリと食べれそうなくらい、ツルツルと喉を通っていきました。しっかりとした食感とのどごしのよさ、汁とそばの相性もバッチリで、こんなにうまいそばは久しぶりに食べました。感動ものです( ^ω^ )

これは、1時間待った甲斐がありました。なにも知らずに並んでいましたが、大当たりのお店でした😃そりゃ並んでも食べたい人がたくさんいるのも納得です。

口コミによると、この界隈では一番美味しいそば屋です、って書いてる方もいるしファンも多そうです☺

  

そば処きずき

【住所】

島根県出雲市大社町杵築東富屋町387-1

【アクセス】

JR出雲市駅より一畑電鉄に乗車、出雲大社前駅より徒歩10分

【営業時間】

11:00~15:00

【定休日】

火曜日

【座席数】

20席

【駐車場】

3台

 

出雲大社の参道の近くです。向かいが大島屋旅館さんで、お隣がお饅頭屋さんの俵屋さんになります。

出雲大社参拝の際はぜひ立ち寄りたいお店です!

 

食後のデザートにぜひ!出雲はぜんざい発祥の地です。ぜんざいを食べないわけにはいかない!そんなあなたにこちらの記事もどうぞ。

 

www.ryokototetudozukipapa.com

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。