旅行と鉄道好きな父さんのブログ

旅と鉄道をメインにたまに子育て父さんの奮闘を書きます。

路面電車王国の富山に行ってきました~子供が喜ぶ7色の車両たち😊富山編①

みなさんこんにちは(*^-^*)

今回は富山に行った時に乗った列車の紹介です。

富山といったら何を思い浮かべますか?正直なところ地味な印象の富山県😵お隣の金沢なんてすごくいいところ、って印象がありますからね。

頑張って思い付くのが、駅弁だとます寿しが有名ですね。美味しいですね❗

鉄道好きなすけさん的には、絶対に金沢に勝てると自信があることがあります。それは、路面電車がたくさん走っているということ。だいたい金沢には路面電車が走ってないから正直のしようがないですが😅

f:id:budoutorinngo:20190419000446j:plain

鉄道好きなら有名ですが、富山ライトレールって聞いたことありますか?

富山駅北駅から岩瀬浜駅をこの2両編成のかわいらしい車両で運転されています。

元々はJR富山港線というのがありまして、その路線が廃線になったんですね。

f:id:budoutorinngo:20190419000806j:plain

こんなような車両が走っていたのですが、1時間に1本程度とまぁ不便だったわけですよ。富山って車社会で、1人一台車を所有しているようなところなので、列車はあまり使われないんですよね。1時間に1本じゃ利用しにくいですもんね。そのJR富山港線も需要が少なくて廃線となったわけですが、そこの線路を再利用して出来たのが、富山ライトレールなのです。(富山駅北から奥田中学校までが新規開業の路面区間です)

昼でも1時間に4本と人口が決して多くない富山市にあっては高頻度な運転本数です。

列車の本数が増えれば、便利になり利用客が増える。いまでは、観光路線としても活躍しています。なので、土日は結構混雑しています。着席したいのであれば、1本待たなくてはなりません💦

f:id:budoutorinngo:20190419002353j:plain

f:id:budoutorinngo:20190419002424j:plain

こんなかんじのラッピング電車も走っていました。この時は鉄道むすめのラッピングをやっていたのですが…

f:id:budoutorinngo:20190419002542j:plain

こんなところまでジャックしていました(;^ω^)

f:id:budoutorinngo:20190419003429j:plain

リアル鉄道むすめのアテンダントさんが乗降口の前に立っているのですが、1時間に1本くらいの割合で乗車しています。観光案内(声をかけたら沿線の案内をしてくれます)をしてくれたり、ちびっこが乗車している時は、ライトレールカードがもらえたりします😊

ライトレールはイベントにも力を入れているようで、バレンタインデーの時は、先着順でアテンダントさんからチョコレートがもらえるイベントもやっているんですよ(*^-^*)それ目当てで富山まで来る方もいるかもしれませんが、たまたま乗車した列車でチョコがもらえたら嬉しいですよね(#^.^#)先日のホワイトデーにも、お菓子の配布があったようですよ😃アテンダントさんから手渡されるようで、地元の新聞には子どもさんにお菓子を渡す写真が掲載されているはずです❗あっ、大人の方でももらえますよ‼️あくまでも先着順なので❗

f:id:budoutorinngo:20190419004419j:plain

ここまで写真を見ていると、いろんな色のラインの車両がありますが、青、赤、黄、橙、緑、黄緑、柴色の全7色存在します。日中に乗車すると4本稼働しているので、残りの3色の車両たちは車庫で眠っています💤うちの息子くんは緑が好きで、緑のに乗りたいと言ってましたが、電車を待つときの楽しみもありますね!(^^)!

ライトレールは加速もスムーズですし、モーター音も静かで乗り心地が良いですよ😃気持ちよくなって寝過ごさないでくださいね❗

 

ライトレールを楽しむお得なきっぷもあります。

<富山まちなか岩瀬フリーきっぷ>

価格 820円

富山ライトレールはもちろん、富山地方鉄道市内電車、地鉄バス(280円区間内)にも乗車できます。

 

このきっぷがあれば、富山市内の路面電車を一日中満喫することができます。乗り鉄さんには大変満足なきっぷです。すけさん一家も富山に行くと、息子くんを路面電車に乗せにこのきっぷを購入しますよ😃

ライトレールに最初に乗車する場合は、富山駅北口にあるライトレールの窓口でこうにができます。

 

夏になると、アルペンルートも賑わい富山の観光シーズンとなります。

富山に来たらぜひ、ライトレールにも乗車してみてください。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。