旅行と鉄道好きな父さんのブログ

旅と鉄道をメインにたまに子育て父さんの奮闘を書きます。

ゆけむり号の最前列に着席するには?ロマンスカーで湯田中へGO!

長野には昔小田急線で走行していたロマンスカーが運転されています。地方に行くとよく、東京などで活躍していた車両が現役で活躍しています。長野電鉄には、元小田急10000形という花形の車両が頑張っています。この車両は前面展望が売りの車両で、小田急時代は最前列の切符を確保するのが大変困難な車両でした。長野に来たからは、そこらへんはどうなったのでしょうか??

 

どこから乗車できるの?

 

f:id:budoutorinngo:20190427010759j:plain

長野電鉄の長野駅から湯田中温泉がある湯田中駅間を走行しています。愛称はゆけむり号です。北陸新幹線を下車したら、JR改札を出て善光寺口へ向かいます。すると右手に長野電鉄乗り場があります。ホームは地下ホームとなっていますので、階段を降りて地下ホームへと降りて行きます。

ホームへ降りると東急沿線に住んでいる方にはおなじみの車両が停車しています。元東急8500系車両ですが、現在も東急田園都市線で活躍しています。その他にも元JR253系成田エクスプレス用だった車両も、スノーモンキーという愛称で親しまれています。スノーモンキーには個室があり、1室1,000円にて貸切ることができます。4人用個室ですので、4人で利用すれば1人あたり250円とかなりお得になります。

所要時間は、約45分ですのであっという間に到着しますよ(^^;)

 

ゆけむり号の利用料金は?

 

ゆけむり号にかかわらず、長野電鉄の特急列車は特急券として大人100円(子供半額)にて乗車できます。たった100円支払えば、元小田急ロマンスカーに乗車できるわけですよ(*^-^*)これなら利用しやすい料金設定ですし、鉄道好きにとってはかなりお得列車ですよね!!

また、全席自由席なのでどの席に座っても100円でいいわけです。もちろん展望席も特急料金の100円のみで利用可能ですよ(*^-^*)

 

展望席に着席するには?

 

f:id:budoutorinngo:20190427004045j:plain

展望席は最前列から4列目までの16席あります。長野から着席したい時は、少なくとも20分くらい前から並んでいなくてはいけません。特に最前列は4席しかないので争奪戦は必至です!先程も書いた通り、全席自由席ですので完全に早い者勝ちとなります。この時私も展望席に座ろうかと思っていましたが、発車時刻5分くらい前だったので、あいにく満席で中間車両に座ることになりました。

最前列でゲームをするとは…実にもったいないですが、きっと発車したら全面展望を楽しんだと信じましょう(;^ω^)

あと、カシオペアみたいに後方展望を楽しみたい方も、早めに来て並んでましょう!最前列ほどではないですが意外と人気です('◇')ゞ

 

湯田中からだと最前列に座れる??

 

f:id:budoutorinngo:20190427011821j:plain

こちらは湯田中駅の改札前です。発車時刻の50分程前から並んでました。15分くらい前になったら、地元客と思われるお母さんとお子さんが到着しました。その子たちも無事に最前列に着席してましたよ(*^-^*)

湯田中駅は穴場です。利用するのは観光客が多いのですが、そこまで乗車率が高くない(むしろ低い)ので最前列に着席できる確率は、長野駅から乗車するよりも格段に上がります。ですが、ギリギリに駅に到着したら最前列は諦めてください(-_-;)

 

ゆけむり号がいつ来るかわからない…

 

長野電鉄の公式ホームページを見れば、どの特急列車がゆけむり号で運転されるのか載っています。特急列車の車両は、ゆけむり号とスノーモンキーの2本で運転されていると前述しましたが、長野駅から乗車する場合は基本的に交互にやってきます。

特急列車は1時間から1時間半間隔で運転されていますので、事前に調べてから乗車するのがよいでしょう!

 

まとめ

 

ゆけむり号もスノーモンキーもどちらも良い車両です。せっかく長野に行ったなら両方乗車したいところですよね。往路はスノーモンキーの個室を貸し切り、復路にゆけむり号の最前列に座り前面展望を楽しむのがおすすめです!

 

鉄道に乗るだけではなく、温泉地に来てとんぼ返りはもったいない…湯田中駅前に楓の湯という温泉施設がありますので、次の特急を待つ時間で温泉でゆっくりするのもおすすめですよ(*^-^*)温泉は熱めですのでご注意を💦

 

電車好きな3歳のお子さんのパパさんママさん必見!この付近の隠れた(?)名所として三才駅という駅が北しなの線内(しなの鉄道の長野駅から2駅目)にあります。こちらもぜひどうぞ(*^-^*)

 

www.ryokototetudozukipapa.com

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

また次回もよろしくお願いします。