旅行と鉄道好きな父さんのブログ

旅と鉄道をメインにたまに子育て父さんの奮闘を書きます。

飛行機に乗らずしてドイツに行こう!東京ドイツ村のイルミネーション

みなさんこんにちは(*^-^*)

前々回の記事で、定山渓のイルミネーションのことを少し話題にしましたが、今日は実際に見に行ってきたものを取り上げます。

タイトル通り飛行機には乗らないでマイカーやバスなどでドイツに行くのです!日本なのにドイツと名乗り、千葉県にあるのに東京と名乗っている東京ドイツ村のイルミネーションを軽く紹介します。

 東京ドイツ村は千葉県袖ケ浦市にあり、決してドイツにあるわけではありません。東京ドイツ村に行きたい方は、成田空港からドイツに行かないようにしてください(;^ω^)圏央道やアクアラインを使って簡単に行くことができます。

最寄り駅がJR久留里線の東横田駅になるようですが、実は千葉駅や袖ケ浦えきから路線バスがでているようです。この地図をみても東横田えきから徒歩は無理そうです(;^ω^)

 

最初に言っておきますが、イルミネーションは冬季のみとなります!だから、この記事を見て行きたくなったから行ったけど、やってなかったぞっていうのは無しですからね!(;^ω^)

 

バスツアーで訪れたのですが、夕方に着いて暗くなるのを待つ状態でした…

f:id:budoutorinngo:20190530235021j:plain

まだこんな感じで明るいですね。でもすでにライトが点灯しています。

 

f:id:budoutorinngo:20190530235745j:plain

段々暗くなってきてライトが目立ち始めました。白い泡みたいのが飛んでいるのがわかりますか?シャボン玉なんです。すけさんはお子ちゃまなので、シャボン玉をツンツンと指で突っつきはじめました(;^ω^)

 

f:id:budoutorinngo:20190530235712j:plain

イルミネーションを見ようと、結構多くの方が今か今かと待ち構えていました。他にすることがないんかいってツッコんでおきましょう(;^ω^)その間もすけさんシャボン玉とたわむれています。

 

f:id:budoutorinngo:20190530234906j:plain

まだ薄暗い程度。もうちょい暗くなってくれ~でも丘一面に敷き詰められたライトがきれいに光っています。きれいと思う反面、これ管理するの大変なんだろうなと夢の無い事を思ってしまうのです。

 

f:id:budoutorinngo:20190531000157j:plain

先程の建物から少し歩くと、丘一面にライトが配置されていてきれいな電飾を見ることができます。黄色い鳥かごは一体なんなんだろう??

 

f:id:budoutorinngo:20190530235423j:plain

観覧車から眺めたらきれいなんでしょうね!誰もがそう思ってきっと混んでいることでしょう(;^ω^)来るなら女子と来た方がよさそうです…ほらそこのカップルもこれ見に来たんでしょ!

 

f:id:budoutorinngo:20190530235606j:plain

いいかんじに暗くなってきて光が目立ってきました。それなのに出発時間が近づいてきました(;^ω^)

 

f:id:budoutorinngo:20190530235211j:plain

アヒルのおうちでしょうか??この中に入ろうとしている輩がいましたが、大人が入るには厳しいでしょうね~

 

バスツアーだったので真っ暗になるまでいられなかったのが残念です。

昔新潟県にトルコ村(だっけかな?)なる施設がありましたが、昼食にトルコ料理を食べて特に何かした記憶もなく帰ったことがありました。今はやっていませんがね。

東京ドイツ村は名前のごとく、東京からも近くアクセスが良いとあって人気のようです。特にイルミネーションの時期は、バスツアーも結構来るとか来ないとかで…すけさんが参加したバスツアーは、房総のいちご狩り、花摘み、海鮮浜焼きとこのドイツ村に行くプランでした。バスツアーは効率よく廻ってくれるので、もなかなか良いものだと思いましたよ(*^-^*)

 

大事なのでもう一度言いますが、イルミネーションは冬季限定ですよ!

(なら記事にするなって言われそうですが…)

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回もよろしくお願いします(*^-^*)