旅行と鉄道好きな父さんのブログ

旅と鉄道をメインにたまに子育て父さんの奮闘を書きます。

またまたbトレ北斗星編

みなさんこんにちは( ^ω^ )

今年の夏の目標は富山のドラえもんトラムに乗車すること!です。実は1度だけ乗車したことがあるのですが、写真がなくて…しかもドラえもんのぬいぐるみがドーンと乗っかってるんですよね!うちの王子と姫はきっと喜ぶであろうと勝手に想像してます。他の方のブログを拝見して乗りたくなったというのもありますけどね☺️

あとは個人的に行ってみたい公園があるのですが、いずれすけさんのブログで公開しますね!

 

前回はbトレのあけぼの号を紹介しましたが、今回は北斗星号を紹介していきたいと思います。

www.ryokototetudozukipapa.com

 

北斗星号については以前記事にしてるので、こちらも参考にしてください!

www.ryokototetudozukipapa.com

 


f:id:budoutorinngo:20190606214932j:image

上野駅から途中の青森駅までこのEF510という機関車が牽引します。北斗星号専用だぞと言わんばかりの塗装ですね。ヘッドマークも本物と同様のものがかかってます。ちょっとほこりがかぶっているのが気になります(;^ω^)


f:id:budoutorinngo:20190606214953j:image 

機関車の側面にはもちろん流れ星が!ゴールドのラインがかっこよく、なかなかハンサムな機関車です( ^ω^ )

f:id:budoutorinngo:20190525002038j:plain

本物の機関車です。bトレはライトが点かないので、そこの部分はリアルさに欠けてしまうのが難点です。


f:id:budoutorinngo:20190606215011j:image

この車両は一人用B寝台個室のソロがあります。二階建てとなっていて、二階から眺める景色は最高でした。前回紹介した、あけぼの号のソロ同様部屋が狭く、立ち上がって着替えるのが困難でした。また、本物と同様エンブレムもありますよ!

f:id:budoutorinngo:20190525014040j:plain

これは本物のエンブレムです。


f:id:budoutorinngo:20190606215033j:image

こちらの車両は、二人用B寝台のデュエットです。デュエットといってもカラオケはできません💦このタイプの部屋も二階建て構造となっていて、二階部分の窓がカーブしていて、晴れている時は寝ながら夜空を眺めることもできました。普段なかなか星空を見ることがないと思うので、これまた非日常の体験が出来たと思います!


f:id:budoutorinngo:20190606215057j:image

こちらの車両はソロと、一人用A寝台ロイヤルという豪華な部屋がありました。ロイヤルには、トイレ、シャワーがあり個室から出ることなく過ごせる唯一の部屋でした。しかもドライヤーつき。ウェルカムドリンクとしてワインやウィスキーなどのアルコール類や、朝食時にはモーニングコーヒーのサービスもありました。

一人用個室ですが、補助ベッドを出すことでダブルベッドとして使用できたので二人でも利用できました。また、BSテレビもあり贅沢な時間を過ごすことができました。

そんな至れり尽くせりのロイヤルは1列車に4部屋しかなく、発売と同時に売り切れるほど人気がある寝台でした。


f:id:budoutorinngo:20190606215128j:image

 この車両は中央の大きい窓の部屋がロイヤルで、その他はデュエットとなっています。こちらのロイヤルは車両中央にあり、揺れが少なく快適に過ごせます。全体的に、車両中央部は揺れないので、ゆっくりと寝ることができました。逆に車端部は、台車の真上に部屋があるかんじなので、レールの振動がそのまま伝わってくる感じがしました。現在では、サンライズ号のみが寝台特急として運転されていますが、出来れば車両中央部の部屋が取れるのが理想です。


f:id:budoutorinngo:20190606215154j:image

 この車両は共用スペースのラウンジとシャワー室があります。シャワー室は2室あり、予約制で30分刻みで予約できました。食堂車でシャワー券を購入するのですが、始発駅に停車中に購入しないと予約できないなんてこともよくありました(;^ω^)

ラウンジには、開放式B寝台利用者がここでくつろいだりして時間を過ごしていました。ラウンジにはテレビがあり、BS放送を視聴することができました。


f:id:budoutorinngo:20190606215221j:image

 こちらは客車寝台にはなくてはならない電源車です。カニ24という車両の名前のようなものがつけられています。カニだからといって、ここに美味しいものが置いてあったわけではありません。電源車以外では、荷物室として使用されていました。JRと書かれた左側の扉より荷物を積み込んでいました。


f:id:budoutorinngo:20190606215304j:image

 今日もたくさんの乗客を乗せて北海道に向かっています。屋根に積もっているのは雪です!!ホコリではありません!ホコリだと思うからそのようにしか見えないのです(;^ω^)


f:id:budoutorinngo:20190606215331j:image

現役時代は北斗星に出会えたら嬉しかったですね~北斗星を見るために1本列車を見送って待っていたくらいでしたからね(*^-^*)

 

今日は北斗星のbトレを紹介させてもらいました。懐かしいなぁと思いながら記事を書きました。冒頭でも書きましたが、近々北斗星に出会うためにとある場所へ出かけてきます(*^-^*)その様子は後日公開しますのでお楽しみに!!

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

また次回もよろしくお願いします(*^-^*)