旅行と鉄道好きな父さんのブログ

旅と鉄道をメインにたまに子育て父さんの奮闘を書きます。

フェリーから見た不思議なもの

みなさんこんにちは(*^-^*)

とうとう梅雨入りしてしまいましたね~出かける時雨が降るとテンションが下がってしまいますよね!これから旅行に行こうという時ならなおさら…写真を撮るにしても雨粒が邪魔しそうだし、我々にとっても辛い季節がやってきてしまいましたね(;^ω^)

 

今回はフェリーから見た不思議なものということで、こんなものが港にあるのか!っていう写真を紹介します。

 

f:id:budoutorinngo:20190608003930j:plain

f:id:budoutorinngo:20190608013526j:plain

まずはこの写真ですが、なぜか港にE5系新幹線がありました。新幹線の納入は船を使って運ばれてくるんですね~テレビで見たことはあるのですが、貨物船の長さは大きいもので100mも200mもあり、横幅も30m前後もあり余裕で新幹線を積むことができるんですよね。写真の貨物船ではせいぜい2両分くらいしか運べなさそうですが、4両積み下ろされているところを見ると結構キツキツでしょうね(;^ω^)クレーンで引き上げる時もかなり慎重に操作する必要がありますね!

おそらく兵庫県にある川崎重工からここまで運搬されたのでしょう。

 

トラックに繋がれて車両基地へ出発する時を待っています。仙台港から仙台近郊にある総合車両センターまで陸送されるのでしょう。夜間までここで待機して大丈夫なんでしょうか?潮風で痛まないのか心配してしまいます。

こんな場所でE5系新幹線に出会えるなんて驚きです。最初にこの新幹線を見た時は奇抜な色使いだと思っていましたが、見慣れるときれいだと思えるものです(;^ω^)東日本地域に住んでいる子供たちは、この新幹線が好きな子が多いのではないのでしょうか(*^-^*)

 

f:id:budoutorinngo:20190510234157j:plain

前にもこの写真を載せましたが、コンバインがこんなところにあるとは不思議なものです。いったいどこから運ばれてくるのでしょうか。

貨物船は大変大きく、たくさんのものを運ぶことができるので便利です。ここに写っているのは8台しかありませんので、お世辞にもたくさん運んできたとは言えません(;^ω^)もしかしたらトラックで運ばれていったのかもしれませんが、新車を早く潮風のあたらないところに運んだ方がよさそうです💦

 

新幹線がこのように運搬されているとは意外ですよね!在来線なんかだと機関車に新型車両を牽引させて納品する姿を見ますけどね。普段とは違う様子を発見できてラッキーでした。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回もよろしくお願いします(*^-^*)