旅行と鉄道好きな父さんのブログ

旅と鉄道をメインにたまに子育て父さんの奮闘を書きます。

豪華なトワイライトのbトレを見てまた乗車したいと思った

みなさんこんにちは( ^ω^ )

週末は天気が良くなくてがっかりです。すけさんのブログでは旅行を中心に扱っているので、出掛けるときに雨では困るんです💦今週中にとある場所へ出掛ける予定なので、晴れてほしいなぁ☀️

今回は雨の日でも影響なく遊べるbトレの紹介です!


f:id:budoutorinngo:20190609215319j:image

今回はトワイライトエクスプレスです。

トワイライトエクスプレスは1989年に大阪↔️札幌間で運転を開始し、2015年まで走り続けました。日本最長の距離を走行し、22時間もの長旅を楽しむことが出来ました。北斗星とともに豪華寝台特急として走り、鉄道好きでもそうでなくても、憧れの存在でした。人気列車ゆえに、きっぷをおさえるのも一苦労する列車でありました。すけさんも2回乗車したことがあるのですが、1回目はキャンセルが出て乗車、2回目は1カ月前に窓口でおさえて乗車しました。乗車できることがラッキーな列車です。

また、運休率も北斗星、カシオペアよりも多い印象がありました。冬は特に気象条件の厳しい日本海側を走行するため、大雪、強風などの為の運休もあったようです。

 


f:id:budoutorinngo:20190610201949j:image

牽引するのはEF81トワイライト色です。配色的にカボチャっぽい色づかいですね。

機関車の側面もなんとも地味な配色です。

 
f:id:budoutorinngo:20190610202428j:image

トワイライトといえば、最後部のスイートの部屋からの後ろ展望です。部屋も広く鉄道とは思えない豪華さだったようです。すけさんは乗り物酔いをしやすい体質なので、ずっと後ろを向いていたらリバースしそうです(涙)リバースをするのはUNOだけで結構です!


f:id:budoutorinngo:20190610202930j:image

側面にはエンブレムがあり高級感がありますね。その左横の大きな窓の部屋はロイヤルでしょうか。トワイライトのロイヤルも北斗星と同じ仕様だったはずです。最後部の車両は豪華な個室の集まりですね(*^-^*)

 
f:id:budoutorinngo:20190610203255j:image

こちらは食堂車のダイナープレヤデスです。これまた北斗星の色違いといったところでしょうか。ただ、北斗星と違いトワイライトエクスプレスは、大阪駅を昼前に出発したのでランチタイムもあり、この食堂車で食べることができました。食堂車とる食事は、車窓を眺めながら食べることができたので、旅情も味わうこともできたのです( ^ω^ )


f:id:budoutorinngo:20190610203757j:image

こちらの車両は二人用個室のB寝台デュエットです。窓が上下で配置されていますが、二階建て構造ではなく、1部屋にこの大きな窓2つを占有できたのです。北斗星やカシオペアとは違い二段ベッドで、使用しない時は収納できたので天井も高く、かなり快適な空間を提供してくれました。

 
f:id:budoutorinngo:20190610204354j:image

超がつくほど豪華なトワイライトエクスプレスですが、個室ではない開放式の寝台もありました。これはこれで昔ながらの旅情を感じれたのではないかと思います。

 


f:id:budoutorinngo:20190610204631j:image

そんなトワイライトも廃止になり寂しい限りです。こんな豪華な車両ですが、すけさんのような一般人でもたまに乗車することが出来るのが良い所でした。

すけさんお手製のジオラマがヤバイことになってます💦電柱が倒れているのが目立ってしまってます…保存の仕方に難がありました。

 


f:id:budoutorinngo:20190610205103j:image

酔うかもしれないけど、最後部のスイートに泊まってみたかったなぁ。

 

トワイライトに乗車した時の写真があったら紹介したいと思います。本当に昔は写真撮らなかったからなぁ…と今さら後悔するすけさんでした。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

また次回もよろしくお願いします( ^ω^ )