旅行と鉄道好きな父さんのブログ

旅と鉄道をメインにたまに子育て父さんの奮闘を書きます。

列車名の「はと」という名称がかわいいね!

みなさんこんにちは( ^ω^ )

そろそろ青いあのお方に会おうかと思っていたのですが、いろいろあって延期になっちゃいました(^_^;)いつ行けるかわからないですが、行った際は紹介させていただきますのでよろしくお願いします( ^ω^ )

 

そんなわけで、今回もbトレの記事になります。


f:id:budoutorinngo:20190617205651j:image

今回は全身地味な緑色のこの方です。

列車名が「はと」と、なかなか可愛らしい名称です。最後部には後ろ展望が楽しめるように、デッキがあるのがわかります。かなり開放的なデッキですね~これなら風を感じることができる…ん~雨が降ったらびしょ濡れになりそう(-_-;)

この車両は、最上級の一等車だったようですね。


f:id:budoutorinngo:20190617210920j:image

側面はこんなかんじです。f:id:budoutorinngo:20190617212558j:image

この列車には「はとガール」と呼ばれる女性が常務していたようです。今でも観光列車など、アテンダントさんが乗務している列車がありますが、アテンダントのルーツはこの列車にありそうですね。


f:id:budoutorinngo:20190617212704j:image

この車両の窓が大きく、グレードの高い席なのでしょうか!?今で言うところのグリーン車ですかね。やっぱり車窓を眺めるには大きな窓から眺めたいですよね!


f:id:budoutorinngo:20190617212924j:image

これまた大窓タイプの車両です。この車両には乗降口がありません。この車両に乗車する時は少し面倒ですね(^_^;)それとも食堂車なのかな??


f:id:budoutorinngo:20190617213217j:image

先程の車両とは違い、四角い小さめの窓がたくさんあります。一般席なんでしょうね。車両右側の窓はトイレですかね~昔の車両のトイレはいわゆる垂れ流し式で、停車中は使用禁止だったそうです。すけさんの両親はその世代だった為に、停車中には使えないからって485系の車内で言ってましたよ(^_^;)衛生面でも考えものですよね…


f:id:budoutorinngo:20190617214059j:image

この車両は客車と荷物室があるようです。今でもJR宇都宮線や高崎線に乗ると、荷物用のスペースが確保されていたりします。そんなイメージですかね。でもこの車両は、客車と荷物室が分けられてそうですね。


f:id:budoutorinngo:20190617211054j:image

ちなみにこの車両を最後部にすると、何の面白みもない顔があらわれました…


f:id:budoutorinngo:20190617211328j:image

この客車を牽引する機関車です。機関車も客車に合わせて、地味な緑色となっていますが、車体下部は黄色のアクセントがあります。重連で力強そうですが、昔の機関車なので力強いかは定かではありません。ただ迫力はあります。


f:id:budoutorinngo:20190617211909j:image

この機関車はEF58形で、青大将という愛称がつけられていたようです。
f:id:budoutorinngo:20190617211957j:image

前面から見るとかえるやバッタの顔のようにも見えるのはすけさんだけでしょうか?なかなか愛嬌のある顔立ちです。

ちなみにこの機関車と客車は別売りでした。客車にあう機関車が発売されているなら同時に購入したいすけさんでした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

次回もよろしくお願いします( ^ω^ )