旅行と鉄道好きな父さんのブログ

旅と鉄道をメインにたまに子育て父さんの奮闘を書きます。

富山に行ったら方言も聞いてみよう!日常では決して使えない富山弁

みなさんこんにちは(*^-^*)

今回は地方に旅行に行く際に耳にする方言についてです。

若い人はメディアの普及等で標準語に近いような方言(?)をしゃべっています。なのでコテコテなものは貴重になってきています(;^ω^)

何でこんな話をするかというと、先日紹介した楽今日館にてこんなポスターが掲示されていました。

www.ryokototetudozukipapa.com

 

f:id:budoutorinngo:20190818013348j:plain

いつもここへ来ると、気になって見ていました。

有名なものから、こんなん聞いたことないよっていうのもありましたので少しだけ紹介していきます。

 

きときと

東京にいても物産展などで、「きときと」っていうフレーズ聞くくらい有名なので、番付でも横綱という扱いになっているのでしょう。

これは、新鮮っていう意味で使われます。

例)この魚きときとだね!

 

きのどくな

何かかわいそうなことがあったの?って思ってしまいますが、富山ではこのフレーズを聞いても心配いりません!気の毒ではないからです!

ありがとう!みたいに感謝の気持ちを伝える時に使われています。よくおばあちゃんが使っていました。

 

だら

番付では大関ですが、これまたおばあちゃんがよく使っていたフレーズです。だらとは、標準語でいうと、ばかというような意味合いなので、子供を叱る時に使われることが多いです。

例)何しとるが、このだらめ!

 

まいどはや

正直そこまで聞きません(;^ω^)うちの父が使っていたのを聞いたことあるくらいかなぁ。だからこのフレーズを聞いたらちょっとだけラッキーかも(;^ω^)

こんにちはっていう挨拶に使われるのですが、番付上大関というのがちょっと微妙かも…年配の方が使っているくらいで、若い方が使っているのを聞いたことが無いです。

 

つかえん

そこまで使われないという程ではないですが、これも富山では割と耳にするフレーズです。使えないの使えん…ではないですよ!悪い意味ではないので安心してください!

差支えないの「つかえん」です。大丈夫だよとかそんな意味合いで使われています。

 

だいてやる

決して変な意味ではないですよ(;^ω^)富山に転勤になって上司から「だいてやる」って言われたからって、富山ではセクハラではないのです。抱くということではないのです!ここでセクハラと騒ごうものなら、「このだらめ!」と叱られてしまうのです…

お金を出してあげるよ!つまりおごってあげると言いたい時に使われます。今日はご馳走しますよということですので、ありがたくお言葉に甘えちゃいましょう!

 

うい

前頭らしいですが、実際は割と使われます。若い人も普通に使うんですが前頭なんですか?って感じました。

苦しいとかそんな意味合いで使われます。よく使われるのが、お腹いっぱいになって苦しい時に、「うい」っていうフレーズを聞くことができます。

 

これくらい覚えておけば富山県の人と会話しても意味が通じると思います(;^ω^)ですが、県外の人と会話する時は標準語に直そうと努力されちゃうかもですが…

 

個人的に気になったものもありますが、標準語ではおもいっきりグーグルポリシーにひかかるので、ここでは紹介できません(;^ω^)

富山へ観光に来た際は、宿泊施設でこのポスターが掲示されているか要チェックですよ!

 

今回は方言を楽しむというお話でした。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回もよろしくお願いします(*^-^*)