旅行と鉄道好きな父さんのブログ

旅と鉄道をメインにたまに子育て父さんの奮闘を書きます。

夏の列車旅で気になった、臭いトイレ3選

こんにちは(*^-^*)

今回は、夏に行った鉄道旅で乗車した「列車のトイレ臭いランキング」です。なんともお下品なタイトルですね(;^ω^)お食事中の方はごめんなさい。

 

審査員長はわが娘です。というのも、臭いがきついトイレは使わないというお嬢っぷりなのです(;^ω^)父であるすけさんも、トイレの臭いが気になる人で、本当に変なところが似るものです。

 

それでは早速紹介していきましょう。同系式でも車両によって違いがあると思いますが、その点は気にしないでください。

 

第3位

f:id:budoutorinngo:20191203002225j:plain

キハ 110系 (飯山線)

長野から越後川口まで乗車した際に、この車両に乗車しました。JR東日本の非電化ローカル線によく使用されている車両です。

 

鉄道に詳しくない方は、見た目は新しそう…なんて思うかもしれませんが、そんなことありません!私が小学校に通っているころからあったように思います(30年くらい前)。古ければ当然清潔感が薄れてくるわけで。

 

トイレのタイプは和式です。個室内も狭く古さを感じます。子供と一緒に入るには狭すぎます。

 

扉を開けると、審査員長(娘)はトイレに入るのを拒否しました。

私からしても、ちょっと厳しいかなという臭いでしたね。

 

第2位

f:id:budoutorinngo:20191203003201j:plain

211系 (中央本線)

これまた古い車両で、昔は東京でも見られた車両ですが、現在は地方に左遷させられています。そんな車両なので当然トイレも臭いのです。

 

トイレのタイプは和式です。個室内は狭く、子供の用足しには不向きなトイレとなっています。

 

トイレの前を通ると臭ってきます。これはトイレに入ったらやばいレベルです。

トイレの前に2人用の座席がありますが、トイレ臭を楽しみたい方はぜひ着席してみてください。来ている洋服が、程よい香りに包まれることでしょう。

 

審査員のすけさんが独断で判定しました。

 

第1位

f:id:budoutorinngo:20191203004127j:plain

キハ110系 (HIGHRAIL号仕様)

残念ながら不名誉な1位に選ばれてしまったのが、観光列車であるHIGHRAIL号です。

列車自体はきれいですし、座席タイプも多く楽しい列車です。だがしかし、トイレはと言うと問題があります。

 

トイレタイプは洋式です。改造されて個室も広くとられています。子供と一緒にトイレに入るにも若干余裕があると思います。

f:id:budoutorinngo:20191203004625j:plain

写真下にある緑のボタンを押すと開きます。パッと見きれいなトイレなんだろうなぁ、と思うでしょう。私もそう思っていました。

 

しかし、この写真を撮っている場所にいると、トイレ臭が漂ってきました(-_-;)かなりの臭いで入るのをためらいました。

 

おそらく、観光列車ということでお酒を楽しむお父さん方が、酔っぱらって用をたすわけです。そうするとどうなるかもうおわかりでしょう。OBをしてしまうわけですね!OBをした尿が悪臭の原因となるのです。

 

列車としてはとてもおすすめしたい列車です。当時は残念なトイレでしたが、現在は清潔なトイレであってほしいものです。

 

番外編

f:id:budoutorinngo:20191203005820j:plain

E353系 (あずさ号)

なぜか審査員長が用を足さなかった車両です。

昨年登場したばかりの新型車両です。トイレの臭いについては特に気になりませんでした。特急車両というだけあって、清潔に保たれています。

 

トイレタイプは洋式です。個室も広く取られていて、子供と一緒に入るには十分な広さかと思います。

 

洗面台もきれいで気持ちよく使用できるでしょう。

 

 

ということで、今回は車両たちにとって不名誉なランキングとなってしまいましたが、使用する方も次の方のことを考えて、気を付けて利用しないといけませんね!

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回もよろしくお願いします(*^-^*)