旅行と鉄道好きな父さんのブログ

旅と鉄道をメインにたまに子育て父さんの奮闘を書きます。

日光市の報徳二宮神社に行ったよ~NIKKO MaaSで行くSL大樹ふたら乗車一人旅①~

こんにちは!

今回は久しぶりの一人旅!平日に休みが取れたので、たまには一人時間を満喫したいということで、SL大樹ふたらに乗車してきました。

 

少しでもお得に行こう!ということで、今回はNIKKO MaaSというデジタルチケットを利用することにしました。

https://www.tobu-maas.jp/lp

 

スマホがあれば簡単にその場で購入できるというので、早速当日の朝に自宅にて購入操作をしてみました。購入するのは、デジタル日光世界遺産フリーパス(2日間有効)というフリーきっぷです。出発地から下今市駅までの往復乗車券と下今市~東武日光、新藤原駅までのフリー乗車券と、日光地区のバスのフリー乗車券が付いたもので、浅草から大人2,500円、子供1,130円とかなりお得なフリーきっぷです。ちなみに、浅草から下今市までの普通運賃は1,390円なので、往復するだけで元が取れてしまいます。それプラス日光地区の電車、バスのフリーチケットも兼ねているので、どれだけお得なのかがおわかりいただけるのではないでしょうか。

 

特急列車を利用する時は、別に特急券を購入すると乗車することができます。

 

機械操作が苦手な私でも、サクサクと簡単に購入できましたので、日光地区に観光で訪れる場合は参考にされてみてはいかがでしょうか!?

 

私の場合は南栗橋駅から乗車したので、1,900円となりました。浅草駅以外の料金が公式ホームページに明記されていないので、そこらへんを改善してもらえたらと思います。

 

電車やバスに乗車の際は、改札口や運転手にデジタルチケット画面を見せるだけでOKです!

 

SL大樹ふたらの出発地の下今市までは、ケチって節約して普通列車で向かいます。観光地に向かうのに通勤型車両というのも味気ないですね(;^ω^)少し前までは6050系というボックスタイプの車両も走っていたのですが…

 

一番前の車両のイスに座りながら前面展望を無理やり楽しみます(;^ω^)体は横方向に向いていますので、首を回して前面展望をしていますので首が痛いです…

 

普通列車で1時間半くらい乗車したでしょうか。下今市駅に到着しました。

レトロな駅舎にリニュアルされています。下今市駅の看板が右から読むというのも、なかなか凝っていますね。

 

今回行きたい場所があったので、少し早い列車で到着しています。

 

下今市駅から徒歩5分程の場所にある、報徳二宮神社にやってきました。前から訪れたかったのですが、なかなか機会がなくて…子供を連れてきてもゆっくりできないし、今日はちょうどいいのかなと思い参拝に来ました。

 

花手水も季節(7月上旬に訪れています)を感じれて心がなごみます。本当にきれいにされています。ここだけでもしばらく見てられますね(#^^#)

 

ここの御朱印は素敵なデザインなので頂きたいところですが、御朱印帳を忘れる失態…季節によって変わるデザインなので、何回でも参拝に訪れたくなります。公式ホームページやツイッターで、御朱印のデザインを見ることができるので、気になる方は参考にしてください。

栃木県日光市今市に鎮座する 報徳二宮神社

 

境内にはもちろん尊徳さんが鎮座されています。尊徳さんの頭上には、願い受け(賽銭箱)になっていて、そこにめがけて小銭を投げ入れます。見事に入れば願いが成就するみたいですが。ということで私も挑戦したのですが、後ろの閻魔さんのところにいきましたよ(;^ω^)どうやら私の願いは受け付けてもらえないようです(-_-;)

お札も入るよって書いてあるあたり、なかなか貪欲な神社ですね(;^ω^)

 

ちゃんとお参りもしましたよ!平日ということもあって、参拝客もまばらでゆっくりできました。

 

学校でよくあるらしい二宮尊徳さんの像です。「らしい」と書いたのは、私の通っていた学校に尊徳さんがいらっしゃらなかったからです(;^ω^)

歩きながら本を読むなんてすごい勉強家ですね。今では歩きながらスマホしてる人ばかりですからね(^^;)

 

社務所もありますので、御朱印はこちらで頂きます。社務所の横には、なぜか卓球場もあります。神社で卓球ができるのは、全国的に見ても珍しいのではないでしょうか。ちなみに子供(高校生まで)300円だそうです。大人は?できるのかな??

・9:00~17:00まで

・年末年始や祭典日前はお休み

 

・アクセス 東武日光線下今市駅から徒歩約5分

      JR日光線今市駅から徒歩10分

・駐車場 60台(無料)

 

近くに道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣がありますので、車で来る方は道の駅を目指して行くとよいでしょう。日光道の今市インターからも近く、電車でも車でも訪れやすい場所となっています。

 

JR日光線から東武鉄道の日光地区を利用される場合は、日光・鬼怒川エリア鉄道乗り放題きっぷというフリーきっぷもあります。有効期間が1日となりますが、下今市~東武日光・新藤原間がフリーエリアとなりますので参考にしてみてください。ちなみにこのフリーきっぷは鉄道のみ利用可能となります。

日光・鬼怒川エリア鉄道乗り放題きっぷ | お得なきっぷ | 東武鉄道公式サイト