旅行と鉄道好きな父さんのブログ

旅と鉄道をメインにたまに子育て父さんの奮闘を書きます。

函館といったらイカっしょ!朝市に来たらいか釣りとイカ料理を楽しもう

みなさんこんにちは(*^-^*)

函館と言ったらやっぱりイカでしょ!っていことで函館駅前の朝市にあるイカしたスッポットを紹介します。

 

活いか釣堀 

 

 

 

函館駅から徒歩1分の函館朝市駅二市場内にある活いか釣堀です。イカってどうやって釣るの?って思いますよね。魚のように餌をつけた釣り針を垂らして待つのかと思うかもしれませんね(*^-^*)ここの釣り方はフックのような釣り針をイカにひっかけて釣ります。

 

f:id:budoutorinngo:20190521232046j:plain

水槽にはたくさんのイカが泳いでいます。その日取れた新鮮なイカがたくさん泳いでいます。看板に注意書きがありますが、墨を吹いたらどうしようかと思うとちょっとビビりながら釣ります(;^ω^)北海道旅行で函館は初日か最終日だから服が汚れてもなんとかなるでしょう(そんなわけないか…)。

 

f:id:budoutorinngo:20190521232654j:plain

釣り竿は、指揮棒のような棒の先端に糸をくっつけてその先にフックがついている簡単なものです。子供だけで釣る場合は、釣れた際にイカが暴れるので親御さんが一緒に釣ってあげた方が良いですよ(*^-^*)

 

f:id:budoutorinngo:20190521232639j:plain

イカのミミの部分にフックが引っかかり釣り上げられました。ご覧いただいてわかるかと思いますが、とにかくイカが暴れます。そして水しぶきが舞い上がります。下手をすると墨や水を吹きかけられるかもしれません(゚Д゚;)イカも必死ですからね…イカの迫力に負けて釣り竿から手を離してはいけませんよ!釣れたらお店の人を呼びましょう。

 

f:id:budoutorinngo:20190521231943j:plain

先程の釣ったイカはご覧のとおりその場で捌いて刺身にしてくれます。捌く際、イカがキュキュッって鳴き声を出しているかのような音がします。生々しいですが、いつも食事を摂ることができる喜びを実感することができます。

透き通ったイカの身が新鮮さを物語っていますね。新鮮なので肝まで食べることができます。函館ならではの珍味を味わうことができますよ(*^-^*)

 

f:id:budoutorinngo:20190521232839j:plain

残さず食べないとこの巨大イカが襲い掛かってきますよ(゚Д゚;)やっぱりイカは函館のシンボルなんですね。なかなかイカの置物があるところなんてないですからね(;^ω^)

 

f:id:budoutorinngo:20190521232757j:plain

別の日に訪れた際の写真ですが何やら嫌な予感が…

f:id:budoutorinngo:20190521232948j:plain

時化で漁に出られない等でイカの入荷が無いと休業してしまいます。特に冬は時化やすいのでガッカリすることも…

朝市ですので、昼を過ぎると閉店しているかもしれません。いか釣りを体験したい方は午前中のうちに訪れることをおすすめします。ちなみに上の写真では営業時間は朝6時から昼前の11:30までとのこと。時期によって変動があるかもしれません。

料金は時価になってしまいます。参考までに8月中旬に訪れたのですが、その時は1,000円でした。釣代、料理代込みの料金です。

 

一花亭たびじ

 

 

 丼ぶりをメインで提供している一花亭たびじさんは函館駅から徒歩1分、駅からも見える位置にあります。

 

f:id:budoutorinngo:20190521231916j:plain

一花亭たびじさんに行ったらぜひ食べてほしいのが、活いか踊り丼(1,890円)です。お店の前に大きな生け簀にイカが泳いでいるのですが、注文を受けたらそこらイカを取り出して捌き写真の状態で提供されます。生姜醤油をイカの足にかけると足が動き、踊っているかのように見えます。驚くべき生命力です('◇')ゞ

イカの足はそのままいただくことができますが、大きいのと噛み切れないのでお店の方に頼むと、食べやすいように切ってくれます。切られていても吸盤で口内に吸い付いてきます。コリコリしていて歯ごたえがありおいしいですよ(*^-^*)みそ汁と漬物が付いてきます。

ここもそうですが、時化の時は入荷がないので注文できません😢おいしいものを食べるにも運が必要になってきます(^^;)

【DATA】

営業時間 6:00~14:00

定休日  無休

駐車場  あり

時間帯により待ち時間発生あり

 

今回はイカの街函館ならではのお話しでした。函館は東京から新幹線で4時間、飛行機で1時間と無理をすれば日帰りが可能な場所となりました。函館には観光名所も多く見どころがたくさんです。函館に来たらぜひイカを食べてくださいね(*^-^*)

 

www.ryokototetudozukipapa.com

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

また次回もよろしくお願いします!