旅行と鉄道好きな父さんのブログ

旅と鉄道をメインにたまに子育て父さんの奮闘を書きます。

切符を購入する際はしっかり確認しましょう!北海道&東日本パスで行く鉄旅⑫

みなさんこんにちは(*^-^*)

今回は切符の手配をドジったちょっと恥ずかしいお話です。

 

www.ryokototetudozukipapa.com

 

早朝4時40分に八戸港に到着したシルバーフェリーです。

f:id:budoutorinngo:20190927224854j:plain

こんなに朝早くに起きることなんてめったにないので、一日が長く感じます。早起きするのもたまにはいいものです。

 

八戸港から路線バスでJR八戸線の本八戸駅へ向かいます。8月お盆前の平日ですが、バス利用客は比較的少なかったです。

 

f:id:budoutorinngo:20190927225142j:plain

本八戸駅に到着しました。あれ?八戸市の中心地って八戸駅じゃないの?って思うかもしれませんが、実はこの本八戸駅周辺が中心地となっています。市役所もこの近くにあります。

 

思っていたよりも立派な駅舎です。1面2線のホームを持ち、さすが八戸市の中心駅だと思わせる駅舎です。売店やみどりの窓口もあります。

 

f:id:budoutorinngo:20190927225517j:plain

早朝なので閑散としています。初電の6時11分発の八戸行を待ちます。ここからまた、北海道&東日本パスの効力を発揮するときがきました。さすがに自動改札機は設置されていませんでした。

 

f:id:budoutorinngo:20190927225722j:plain

やってきた車両がキハE130系という新しい車両でした。もっと古い車両が来ると思っていたので拍子抜けしちゃいました(;^ω^)ローカル線に似合わない新型車両です…

 

f:id:budoutorinngo:20190927230115j:plain

本当ならこの青い森鉄道の青森行に乗車したいのですが、次に乗車する列車に間に合わないので、新幹線を利用してワープすることにしました。

しかし、八戸線と似たような色使いで紛らわしいです(;^ω^)

青い森鉄道は、北海道&東日本パスで利用できるのでとても便利です。(なのに利用しない…)

 

f:id:budoutorinngo:20190927233149j:plain

今日の行先は盛岡です。青い森鉄道といわて銀河鉄道で行けば2時間程で到着できますが、あえて遠回りをして行くことにします。

ご丁寧に青春18きっぷでは利用できないと案内してくれています。北海道&東日本パスはフリーエリア内です!

 

f:id:budoutorinngo:20190927230408j:plain

鉄道ファン必見!駅スタンプもしっかりと設置されていました。旅の記念にどうぞ!

 

f:id:budoutorinngo:20190927230330j:plain

待ち時間があったので、駅前を軽く散策しました。駅前には、八戸市民の木イチイという木がドーンと構えていました。

 

新幹線停車駅とだけあって、駅前にはビジネスホテルが数件ありました。

 

f:id:budoutorinngo:20190927230840j:plain

新幹線改札前ですが、朝7時ということで閑散としています。八戸駅は有名な奥入瀬渓流の玄関口とだけあり、新幹線が到着すれば観光客で賑わいます。

 

www.ryokototetudozukipapa.com

 

f:id:budoutorinngo:20190927231313j:plain

新青森方面への一番列車のはやて号に乗車します。E5系はいつ見てもかっこいいなと思いながら乗車します。

 

f:id:budoutorinngo:20190927231542j:plain

E5系の落ち着いた色調のシートが上品で好きです。車内はガラガラで八戸駅を発車しました。

 

f:id:budoutorinngo:20190927231820j:plain

新幹線だとあっという間に新青森に到着できます。ここから在来線に乗り換えます。

トイレを済ませて次に乗るのは…

 

f:id:budoutorinngo:20190927232004j:plain

リゾートしらかみ!さぁここから海沿いの五能線の景色を楽しみながら、うまいビールを飲もう…それが甘かった( ;∀;)

 

f:id:budoutorinngo:20190927232610j:plain

これが実際の切符。何かおかしくないですか?

そう、本来なら新青森→秋田と印字されていないといけないところ、なんと弘前となっていました。頭が真っ白になりましたよ(゚Д゚;)

急いで新青森駅のみどりの窓口へ行きましたが、弘前から先は満席です…チーン終了…

というわけにもいかないので、この後の乗り継ぎ時間を急いでスマホで調べましたよ(゚Д゚;)

 

f:id:budoutorinngo:20190927233500j:plain

弘前まで35分かかるので、前面展望でも見ようと最前部へ。

 

f:id:budoutorinngo:20190927233643j:plain

進行方向右手には岩木山も見えます。

 

f:id:budoutorinngo:20190927233824j:plain

はい、弘前に到着!弘南鉄道の車両が見えますが、元東急の車両ですね。古い車両が現役で活躍している姿がローカルっぽくていいです。

弘前からは、紫のラインの車両に乗り換えます。

 

f:id:budoutorinngo:20190927234114j:plain

ロングシートだ(-_-;)2両編成と短編成というのがいかにもローカル。たった2両しかないのにかかわらず、ガラガラの車内です。

普通大館行にとりあえず乗車した一行は、終着大館に向かいます。その先どうしようか…なんて考えるなんて、ずいぶん行き当たりばったりな旅になってしまいました(-_-;)

 

f:id:budoutorinngo:20190927234524j:plain

1時間もしないで大館駅に到着しました。

さぁこれからどうする??

 

次回へつづく。

 

なぜ満席なのに自動券売機で発券できたのか?

青森→弘前間は空席もあり座席を確保できたのですが、問題は五能線区間に乗車出来なかったことです。券売機では確かに、発駅を新青森、着駅を秋田にしてリゾートしらかみ2号のシートマップで選択して発券しました。満席の場合、×が表示されるのですが、◎になっていたのが不思議です。

新青森から秋田に向かうには、通常は奥羽本線を利用するのが一般的ですし、所要時間も圧倒的に早く到着できます。だから新青森から弘前までは余裕で空いているんだからそこまで利用して、その先は何とか頑張って行ってみて…と自動券売機が言ったのだと勝手に解釈しています(;^ω^)こんなことってあるんですかね?

 

確実に乗車しよう

どうしても発券ミスしたくない方はパッケージツアーを申し込むのがいいかも。最近は列車旅が人気らしく、大手の旅行会社でも列車旅を扱ってますからね。旅行会社専用のツアーもあったりしますからね。リゾートしらかみを利用するツアーは人気があるので、大手の旅行会社なら扱っているでしょうし、確実に乗車したい方はツアー分の座席を抑えてあるので、みどりの窓口で発券するよりも希望が通るのもおすすめです。

 

 

五能線はまた今度の機会にとっておきます。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回もよろしくお願いします(*^-^*)