旅行と鉄道好きな父さんのブログ

旅と鉄道をメインにたまに子育て父さんの奮闘を書きます。

SL銀河号で行く釜石線満喫旅!遠野駅での獅子踊りのお出迎えが嬉しい!北海道&東日本パスで行く鉄旅⑯

みなさんこんにちは(*^-^*)

今回は北東北のローカル線、釜石線に乗車して釜石を目指します。

そして今回も観光列車に乗車します。 

www.ryokototetudozukipapa.com

 

SL銀河号に乗車

f:id:budoutorinngo:20191017205727j:plain

花巻駅の1番線にはすでにSL銀河号が停車していました。東北本線の臨時快速、ジパング平泉号からも楽々乗り換え可能なので、両方の列車を楽しむのもいいかも!

SL銀河号は東北新幹線の乗り換え駅の新花巻駅にも停車します。東京駅を7時16発のはやぶさ号に乗車すれば東京方面からも余裕で乗り換えができます。
 

SL銀河号の運転日は、基本的に土曜日が花巻発釜石行で、日曜日が釜石発花巻行となっています。遠野、三陸方面への観光地へお出かけの際は乗車を検討してみてください(*^-^*)ただし、運転期間は4月~9月となりますので要注意ですよ!

 

全席座席指定となりますので、あらかじめみどりの窓口えきねっと旅行代理店で座席指定券を購入しましょう!乗車日の1カ月前の10時から販売されますが、人気の列車ですので窓口に並ぶ覚悟で購入しましょう!

 

発売日に万が一満席の際でも諦めてはいけません!乗車日間際になると意外とキャンセルが出るものです。私もキャンセルが出たのをえきねっとで見つけて購入しました。時間があったらえきねっとで空席を探してみるのがコツです。

 

 

車内探検

f:id:budoutorinngo:20191019010956j:plain

車内はボックスシートとなっています。4人グループだと1区画占有できますが、3人以下で乗車する際は、知らない人が目の前や横にいる状況になります。

 

手前のソファーはフリースペースで、乗客ならどなたでも利用できるので、通路側の座席を予約した場合でも大丈夫!?

 

f:id:budoutorinngo:20191019011316j:plain

f:id:budoutorinngo:20191019011342j:plain

座席の車端部はギャラリーになっていて、長時間乗車でも飽きない工夫がされています。

 

f:id:budoutorinngo:20191019011846j:plain

4号車には車椅子対応のトイレもあります。この日は故障中とのことでした…トイレは2号車にもありますがそちらは車椅子非対応となっています。

 

撮影しませんでしたが、4号車には売店もありますので、お菓子やジュースなどの飲み物が購入できます。記念グッズや限定のお弁当の販売もありましたよ。

 

1号車にはプラネタリウムもあるので、お子さん連れには嬉しい設備ですね。

 

出発進行!

f:id:budoutorinngo:20191017211801j:plain

定刻の10時37分となり、伝統舞踊の獅子踊りと駅長さんの顔出しパネルに見送られて出発します。SL銀河号ののぼりもきれいです。こちらの獅子踊りは置物になります(;^ω^)

 

f:id:budoutorinngo:20191017212701j:plain

こちらは本物です。手を振ってお見送りです。

大勢の地元の方が手を振って見送ってくれます。警備員さんが安全を確保するくらいですから、駅構内の賑わいがわかっていただけるかと思います(;^ω^)

 

f:id:budoutorinngo:20191017212450j:plain

残念ながら外は雨で窓が濡れてしまい、残念な写真となってしまいました…

列車は東北新幹線の乗り換え駅、新花巻駅に到着するところです。新幹線からの乗り換え客を拾い車内は満席となりました。

 

f:id:budoutorinngo:20191018233346j:plain

花巻市の市街地を離れ、車窓からは木々の緑に囲まれた山間を走ります。猿ヶ石川という川を眺めることができます。

 

f:id:budoutorinngo:20191018233929j:plain

そして宮守駅に到着します。この宮守駅では14分程停車しますので、その間に駅を探検します(*^-^*)石巻から釜石まで通しで乗車すると4時間かかりますので、このような長時間停車時には散歩するのが一番です。 

 

宮守駅のホームには昔の信号機をイメージしたベルがありました。信号機の上の星がアクセントです。銀河鉄道の夜を連想させてくれますね(*^-^*)

 

この宮守駅は有名な鉄道橋の最寄り駅でもあります。

 

f:id:budoutorinngo:20191018234601j:plain

ぼやけてわかりづらいかもしれませんが、写真中央にアーチ状の建造物があるのがわかりますか?これは宮守川橋梁(通称めがね橋)というアーチ橋で、SL銀河号など釜石線を走る列車を撮影するのにとても写真映えする橋なんですよ。

 

近くから眺めてみたかったのですが、宮守駅から徒歩15分かかるようなので断念しました。この宮守川橋梁の近くには、道の駅みやもりがありますので興味がある方は是非訪れてみるのもいいかもしれません。

www.michi-no-eki.jp

 

f:id:budoutorinngo:20191018235320j:plain

鉄道でめがね橋を通過するとこんなかんじです。花巻方面に向かってカメラを向けています。鉄道からでは単なる橋梁を通過しているにすぎないので、おもしろみが感じられませんでしたが、ゆっくりと走行してくれました。

 

f:id:budoutorinngo:20191018235606j:plain

客車の先頭付近に行くと、なんと運転士さんがいるではありませんか。しかも運転台まで…その前にはSLが連結されているのに何で?

 

実はこの客車と思っていた車両は、ディーゼル列車だったのです。SLだけでは勾配を登るのが厳しいので、補助的にこの運転台から列車を動かしてSLを助けているのでした。

 

元々はJR北海道で使用されていた車両を、SL銀河号仕様に改造したものなのです。

 

遠野駅に到着

f:id:budoutorinngo:20191019000203j:plain

そして列車は遠野駅へ到着しました。ご覧のとおり地元の方がお出迎えしてくれています。かわいらしい「ざしきわらし」もいましたよ(*^-^*)この「ざしきわらし」さんから飴のプレゼントがありましたよ!

 

遠野駅では1時間20分程停車時間があり、その間にSLは点検整備を行います。遠野以遠に向かう乗客は改札口を出て思い思いに行動します。

 

f:id:budoutorinngo:20191019000656j:plain

乗客が改札外へと出てきました。遠野駅周辺は一瞬の賑わいに包まれます。こんなにも乗客がいたんだなぁ。

 

f:id:budoutorinngo:20191019000947j:plain

ここでも獅子踊りが披露されていました。なぜか、3歳の娘が獅子に興味を持ってこの場を離れませんでした(;^ω^)

 

この後撮影タイムが設けられ、記念に獅子と撮影することができますよ!もちろん私も一緒に撮影しましたよ。

 

f:id:budoutorinngo:20191019001918j:plain

遠野といえば河童伝説で有名です。そんな有名河童を称えるかのように、駅前には河童がくつろいでいました。今日は暑いから頭の皿が渇いちゃうよ~なんて聞こえてきそうです。北東北の岩手県でも夏の暑さは厳しいです。 

 

f:id:budoutorinngo:20191019001218j:plain

花巻駅で撮影できなかったので、ここでチャンスかと思っていましたが、残念な写真になってしまいました。列車を撮影するのは難しいですね(;^ω^)

 

珍しいΩ線を楽しむ

f:id:budoutorinngo:20191019002559j:plain

遠野で多くの乗客は下車していき、残った一行は釜石に向けて旅をともにします。

釜石線の見どころのひとつでもある、陸中大橋のΩ線へとやってきました。

写真の遥か下には、今から通る釜石線の線路が見えます。全くの別路線にも見えますが、ここから高度を落としていき写真の高さまで降りていきます。

 

この付近では徐行してくれますので、写真を撮る方はゆっくりと撮影できるかと思いますよ。ここは釜石線のハイライトといってよいでしょう。

 

左側の線路が花巻方面、川を挟んで右側の線路が釜石方面行です。地図だとわかりやすいと思いますが、Ω(オメガ)状に線路が敷かれています。大きく遠回りしながら勾配を稼いでいるわけです。

 

f:id:budoutorinngo:20191019003757j:plain

この赤い橋梁は先程走ってきた線路になります。この橋梁から先程の写真を撮影しました。

 

この手前の陸中大橋駅で列車の行き違いがあるので、運が良ければ先程すれ違った列車が、この橋梁に差し掛かったところを目撃できるでしょう!

 

ラストスパート、釜石へ到着

f:id:budoutorinngo:20191019004655j:plain

SL銀河号運転日の釜石線沿線には多くの地元の方や、鉄道ファンがお見送りをしてくれます。こちらは釜石市内で撮影したものですが、老若男女問わず手を振ってお出迎え&お見送りをしてくれます。熱い歓迎を受けてこみ上げてくるものがありました。なんだか元気をもらっちゃったなって感じましたね。

 

f:id:budoutorinngo:20191019005104j:plain

多くの方に歓迎されながら、とうとう釜石駅へと到着しました。SLはいったいどこへいった?

 

f:id:budoutorinngo:20191019005356j:plain

すでに切り離されていました。釜石で撮影しようかと思っていましたが、またしても失敗に終わりました(-_-;)

 

f:id:budoutorinngo:20191019005636j:plain

JR釜石駅の改札付近ですが、このスッカスカの時刻表をご覧ください。1本乗り遅れると大変なことになります。

 

f:id:budoutorinngo:20191019005942j:plain

JR釜石駅の外観はSL銀河号をイメージしたものとなっていました。なかなかシャレていますね。

その横には新しくオープンしたホテルフォルクローロがあります。

 

 

陸中大橋のΩ線はA席側が見やすいです。座席を指定する際は、A席がおすすめです!

 

4時間半にわたる乗車時間もあっという間に過ぎたという印象です。宮守、遠野、陸中大橋と長時間停車する駅が多いので、ホームに出て散策するといい気分転換になります。外の新鮮な空気を吸って再び列車旅を味わえる、なんとも贅沢な時間を満喫できますよ!

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回もよろしくお願いします(*^-^*)