旅行と鉄道好きな父さんのブログ

旅と鉄道をメインにたまに子育て父さんの奮闘を書きます。

北陸新幹線が見える唯一のサービスエリア、有磯海SAのレストランつるぎで富山グルメを楽しむ

みなさんこんにちは( ^ω^ )

車で富山に来る方必見(?)のおすすめのサービスエリアのレストランの紹介です。

 

 

 

レストランつるぎ

 


f:id:budoutorinngo:20190727225823j:image

レストランつるぎは、北陸自動車道上り線、有磯海サービスエリア(金沢方面行き)にあるレストランです。

 

ここでは、富山グルメの鱒のすしや富山ブラックを味わうことができますよ!

 

 

メニュー

 


 

店の前にはおいしそうに見せているサンプルがありました。

富山グルメの王道、鱒のすし、富山ブラックや白海老の天ぷらなど、どれにしようか目移りしてしまいます。

 

 

窓から北陸新幹線が見えるかも

 

 

f:id:budoutorinngo:20190727231505j:image

 

このお店のウリは、富山グルメと「北陸新幹線が見える唯一のサービスエリア」です。

窓から新幹線を見てくださいと言わんばかりに、店内には大きな窓があります。


f:id:budoutorinngo:20190727231337j:image

そして、新幹線の通貨予定時刻が各テーブルに置かれていました。これがあればいつ来るのか一目瞭然ですね!と言いたいとこですが、あくまでも平常運転であることが大前提となります。1、2分の遅れならよくありそうだから見れたらラッキーくらいに構えておくのがいいでしょう。

 

このような表があれば小さなお子さんでも、飽きずに外を眺めてくれていることでしょう。

 

富山名物登場

 

 

f:id:budoutorinngo:20190727233044j:plain



鱒のすしと富山ブラックラーメンを注目しました。

 

鱒のすしは万人受けする無難な味といったところでしょうか。だからおいしいですよ!鱒のすしは、鱒が酢でしっかり〆られているものや、脂の乗った生っぽいものまで製造会社によって、多種多様な味を楽しむことができます。

 

富山ブラックを初めて見る方には衝撃的な色ですよね!

こんなスープが黒くてしょっぱくないの!?って思われそうですが、サービスエリアのラーメンなので観光客向けに味付けされています。なので、とても食べやすく比較的あっさりしていました。

 

しかし、本物のブラックラーメンは病気になるほど塩辛いです。

 
f:id:budoutorinngo:20190727233747j:image

 こちらは白海老の天ぷらですが、正直刺身で食べるのが一番おいしいです。エビの殻が食べづらかったです。富山に来ているなら、刺身の白海老を食べて行くべきです。

 

席からはどう見える?

 

 

f:id:budoutorinngo:20190728233045j:plain

座る位置によって見やすい席、全く見えない席とさまざまですが、この日は昼時にもかかわらず空いていたので運よく窓際に座れました。

木が邪魔をして若干見づらさはあるものの、木の間からしっかり見ることは可能でした。

 

f:id:budoutorinngo:20190728232755j:plain

あっ、新幹線が来た!

ご飯を食べていると、ご飯にばかり気が行ってしまうので、絶対に新幹線を見たい方は注意しなくてはなりません。

運転本数も多くないので、1本逃してしまうと見られないこともあるでしょう(;^ω^)

 

何でここまで新幹線にこだわるのか、それは富山県民にとって新幹線開通が悲願だったからです。私が子供の頃も、新幹線の早期開通を!という看板が立てられていました。開通した日には、県民は大騒ぎだったわけです(;^ω^)

 

有磯海SA下り線でも見れる?

 

実は下り線のサービスエリアは、2kmほど北にありますので新幹線を見ることはできません!そのかわり日本海を眺めながら食事できるので、すけさん的にはそちらのほうがいいのではと思っております。

新幹線を眺めながら食事できるのは、上り線の特権なのです!

 

ということで、新幹線大好きな富山県のお話でした。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回もよろしくお願いします(*^-^*)