旅行と鉄道好きな父さんのブログ

旅と鉄道をメインにたまに子育て父さんの奮闘を書きます。

上越線のロングシートに揺られて水上へ

こんにちは!

前回は普通列車のグリーン車を利用して、楽して大宮駅から新前橋駅まで移動しました。

www.ryokototetudozukipapa.com

E231系の2階部分の座席はワクワク感があって好きです!

 

すけさん親子一行は群馬までやってきました。

子供たちは前橋駅到着前まで夢の中でした(;^ω^)

さぁ、今回はどんな旅になるのかな?

 

f:id:budoutorinngo:20201001215811j:plain

まず駅に降りて一番印象的だったのがこちら。新前橋の車庫には、「ここが電車のおうち」という文字が。電車って漢字で書いてありますが、子供にわかりやすい書き方ですよね!なんともかわいらしいですね。

 

f:id:budoutorinngo:20201001220111j:plain

電車のおうちからやってきた、わけではありません。高崎始発の上越線普通列車の水上行に乗り換えます。実は先程まで乗車してきた列車の6分後に到着するという…高崎線で遅れを取り戻せなかったら、この列車には乗車出来なかったということなんでしょうか…それとも遅れている列車からの乗客を待ってから出発したのかはわかりませんが。

このような時は、どのような対処をしているのでしょうか?

 

f:id:budoutorinngo:20201001220454j:plain

なんか端っこが落ち着くということで、壁側の席に座ることにしました。

群馬の木々の緑や川の風景を楽しみたいところでしたが、ロングシートというのが残念です。首が疲れるんだよなぁ…子供の頃から景色を眺めるのが好きでしたので、よく靴を脱いで景色を眺めていました。あっ、今はちゃんと座っていますからね!(;^ω^)

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

それにしてもこの旅の初日は天気に恵まれました。夏空が旅を更に楽しいものとしてくれています。

f:id:budoutorinngo:20201001220839j:plain

車窓からは上毛三山の赤城山を眺めることができます。あなたは上毛三山を答えられますか?もう一つの山は、この反対側に見えている山ですよ、って反対側の風景写真無いのか(-_-;)

かなり草木の緑が目立ってきて、都会の喧騒から離れた田舎の風景を楽しめます。

 

f:id:budoutorinngo:20201001221511j:plain

最近動画ばかり撮っているので写真が少な目で、気づいたら水上付近まできていました。水上まで来ると、さすがに山に囲まれています。写真右上部に吊り橋が見えていますよね?諏訪狭大橋という橋で、なんとこの橋の上からバンジージャンプが体験できます。

www.bungyjapan.com

高さ42メートルあるそうですが、結構高いじゃないですか…

列車がバンジー会場の近くを通るので、どんなかんじなのか下から覗いてみましたが、やばいよやばいよ絶対無理!!誰かが体験しているのを見るだけで結構です(;^ω^)

 

f:id:budoutorinngo:20201001222507j:plain

水上駅で下車する前に恐ろしいものを見てしまいましたが、無事に(飛んでないけど)水上駅に到着しました!大きなリュックを背負った方もちらほら見受けられました。谷川岳にでも出かけるのかな?

 

水上駅から路線バスで谷川岳ロープウェイへ行くことができ、バスも1時間に1本くらいはあるので便利ですよ。私も12、3年程前に紅葉の時期に谷川岳ロープウェイを利用しました。この頃はまだ、特急水上号が走っていたので便利だったなぁ…

www.tanigawadake-rw.com

 

上越線は水上より先にまだまだ続きます。

乗客の大半は、ここから先へ行く列車に乗り換えてました。18きっぱーは当然のように橋を渡り乗り換え列車に向かっていました。すけさん親子ご一行様も乗り換えますよ!

 

水上駅の発車メロディーがしばらく脳内で流れていました。


なつこ ふる里「みなかみ」

この曲をアレンジしたものが発車メロディーとして使用されています。

水上駅と同じみかまみ町に所在する後閑駅で使用されています。後閑駅では全く気づきませんでしたが(;^ω^)

それぞれの駅で違うバージョンの発車メロディーとなっています。

ご当地メロディーいいですね!

 

次回はあのモグラ駅が登場します!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。