旅行と鉄道好きな父さんのブログ

旅と鉄道をメインにたまに子育て父さんの奮闘を書きます。

神秘的な青池と橅の森を散策しよう!十二湖散策後の宿泊は、温泉と幻の魚イトウが食べられるアオーネ白神十二湖で決まり!

こんにちは(*^-^*)

今回も青森特集をします。今回は十二湖周辺とアオーネ白神十二湖を紹介します。

私の中では、奥入瀬渓流と十二湖は同じくらい美しく感動できる場所だと思うので、どちらも訪れていただきたい場所です。ただ、1泊2日の行程ではどちらか一方のみしか行かれませんのでご注意を!!

 1.十二湖はどこにあるの?

 

【所在地】

青森県西津軽郡深浦町にあります。

青森県の西海岸にあります。五能線の列車旅とあわせて訪れると、いい思い出作りができるかと思いますよ😊 

 

2.十二湖までのアクセス

 

🚋JR五能線十二湖駅下車 リゾートしらかみ停車駅

 駅前から弘南バス奥十二湖駐車場行で15分 大人360円

弘南バスで行く十二湖の旅 - 弘南バス株式会社

※リゾートしらかみで訪れる場合は、事前に座席指定券をみどりの窓口でお求めください。十二湖駅では座席指定券の販売はしていませんのでご注意ください!!

私の書いた過去記事に、リゾートしらかみを取り上げた記事がありますので、よろしかったらそちらも参考にしてください😊

www.ryokototetudozukipapa.com

 

🚙青森、秋田方面どちらからでも、国道101号線で来るのが便利です。

 十二湖駅付近から県道280号線に入ってください。

※弘前市から県道28号線(白神ライン)で向かう方法もありますが、絶対におすすめしません!!道幅が狭いうえに、未舗装路ですので大変危険です。所要時間も大幅にかかりますので、国道101号線を利用して訪れることを強くすすめます!(レンタカー屋さんで白神山地方面に向かう予定はあるかと聞かれると思います。)

 

鉄道(五能線)も車(国道101号線経由)も海岸線を眺めながらのドライブ&車窓になるので楽しめます😊途中に千畳敷海岸や黄金崎不老不死温泉がありますので、立ち寄りながら向かうのも楽しいかと思います。

 

十二湖駅から弘南バスを利用される場合、トークがおもしろい運転手さんに出会えるかもしれません(*^-^*)この方、地元紙でも紹介されたことがある有名な運転手さんみたいですよ(*'▽')観光バスに乗っているかのように、みどころで停車して案内してくれますよ😊十二湖に向かう道中に、日本キャニオンという名所がチラッと見えるところがあるのですが、そこでバスを止めて説明してくれた思い出があります(#^^#)

f:id:budoutorinngo:20190412231417j:plain

 

3.十二湖はどんなところ?

 

世界遺産に登録された白神山地内にある湖沼群です。江戸時代の地震で崩れた山から見たところ、12の湖沼がみえたところから十二湖と言われるようになったそうです。実際に散策してみると、いくつかの沼や池がありました。その中でも、神秘的な青色をした青池が有名です。そうです!リゾートしらかみの青池編成の青池ですね!

f:id:budoutorinngo:20190412231127j:plain

水面の色が青く見えますよね!小さいお子さんが絵を描く時、水の色を青く書きますがそれに近いような色です。 水面に浮かぶ落葉が何とも言えない味な光景を生み出してくれます。

f:id:budoutorinngo:20190412233326j:plain

f:id:budoutorinngo:20190412232311j:plain

f:id:budoutorinngo:20190412232346j:plain

十二湖周辺は橅の森の中にあります。写真のように地面は土で、落葉があったりしますので滑りやすくなっています。特に雨上がりは滑りますので十分に注意してください。

f:id:budoutorinngo:20190412232607j:plain

木々に囲まれてとても静かな森を進みます。空気がきれいで、マイナスイオンも大量に放出されている(と思います)ので、歩くのも苦にはなりません!

f:id:budoutorinngo:20190412232834j:plain

トレッキングコースから車道へ出たところに、沸壺池の清水を飲める場所があります。冷たくてとてもおいしいです。そこそこの距離をあるきますので、渇いたのどを潤してくれます。

【アクセス】

JR五能線十二湖駅より路線バス奥十二湖行き乗車

 

4.十二湖散策後のお楽しみ、アオーネ白神十二湖へ

 

再び路線バスに乗り込み、アオーネ白神十二湖へと向かいます。

奥十二湖駐車場からは20分程で到着します。運賃は大人420円です。

 

アオーネ白神十二湖の宿泊客は、リゾートしらかみの時間に合わせて送迎バスが来るのですが、十二湖へ散策に行く場合は送迎バスに荷物を預けることができます。

 

フロントでチェックインを済ませます。ここは普通のホテルとは違い、屋外を移動して部屋まで行きます。コテージ棟や宿泊棟の和室がありますが、和室で宿泊しました。

f:id:budoutorinngo:20190413000035j:plain

後ろに写っているのが宿泊棟です。屋根に天窓がついていますが、メゾネットタイプのお部屋となっています。(9月に行きましたが、2階部分は暑かったです💦

f:id:budoutorinngo:20190413000144j:plain

玄関側はこんなかんじです。ウッドデッキ調の廊下です。

f:id:budoutorinngo:20190413000252j:plain

ドアを開けると右手に冷蔵庫があり、正面は和室で右側には2階へとつづく階段があります。

 

ここにはお子さんが楽しめるアスレチックがあります。ファミリー層には特におすすめです。

f:id:budoutorinngo:20190413000635j:plain

後ろの丘のてっぺんに建物が見えますが、これは展望台です。展望台からは美しい日本海が望めます。また、海に沈む夕日も楽しめますので見たい方は、頑張って階段を昇って展望台へ向かってください。

 

アオーネ白神十二湖のお楽しみの一つに温泉があります

温泉は温泉施設のアオーネの湯にて楽しむことができます。

十二湖散策、旅の疲れを癒してください。

f:id:budoutorinngo:20190413000915j:plain

バスケットゴールの後ろに見えるのが温泉施設のアオーネの湯です。

<泉質>ナトリウム塩化物泉

<効能>きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人科

<営業時間>15:00~21:00 7:00~9:00

日帰り入浴もやっているようです。アスレチックで遊んだあとにいかがですか?

大人500円 小学生300円 幼児200円

 

温泉の後のお楽しみは夕食(#^^#)

f:id:budoutorinngo:20190413002241j:plain

地元の食材を使用しているそうです。天ぷらは揚げたてサクサク!刺身は新鮮!言うことなしです(*'▽')

f:id:budoutorinngo:20190412234912j:plain

そして、幻の魚イトウは握りずしで提供されました。味は、鯛っぽいようなかんじでした。もちろんおいしかったですよ!!珍しいのでぜひ味わってみてください。

地酒と一緒にいただくとさらに良いかもしれません。

宿泊しないという方でも、幻の魚イトウ御膳4000円(税別)でいただくことができます。

 

あとひとつ、晴れていたら夜空を眺めてください!たくさんの星を眺めることができますよ都会じゃ見れないよな小さな星も見れます。自然が豊かだからこそ体験できることですよね!

 

今回は、十二湖とアオーネ白神十二湖をご紹介させていただきました。青森旅行は夏がおすすめです。

ちなみに私は旅行会社のパックツアーを申し込んで旅行しました。リゾートしらかみの手配もやってもらえますし、自分で手配するのが面倒な方にはおすすめです。 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。